2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太郎とトムの再会

太郎が我が家に来てまもなく1年になろうとしてます。 (我が家の子になったのが2005年12月7日) 久しぶりに旦那がブリーダーさんのところへ行くというので、太郎も一緒に里帰りしてきました。 (実は先月も病気回復の報告がてら太郎は里帰りしたんだけど・・) そこで!トム爺との2ショット!! taro&tom.jpg 当然ですが、にっこり2ショット写真なんか撮らせてくれるはずも無く・・・。 tom.jpg 思いっきりトム爺に吠えられ少々引き気味の太郎さん殮 怖がってるというより taro.jpg 『どうちて、そんなに吠えるの嶺』 と困ってるって感じだったそうです。 まだまだ続くがお仕事に戻ります。
スポンサーサイト

| わんこ日記 | 14:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新築1戸建て?

じつは!先週の土曜日うちの太郎の新築ができた! 今まで使っていたのが コレ↓ (市販のボブハウスM) 060510164513.jpg あっという間に体が大きくなって入らなくなっちゃったんだけど、夏の間だったので「ま、寒くなる頃までには・・・」などと思いそのままに・・ 父が屋根を付けてくれたので、日陰も出来るようになったし・・。 とまぁのんきな飼い主に飼われてしまった不幸なわんこを見かねた父が“新・太郎ハウス”を建築してくれた で、新居がコレ↓ ST280009.jpg 見た目ちょっぴりダンボールハウスっぽくなってるけど、ちゃんと天井部分には波板が貼られ雨&雪対策もばっちり! 新居ができ結構気に入ったようで、翌日(日曜日)の朝覗きに行くとそっぽりと入ってゆっくり眠っておられました♪ 父ちゃんありがとう!! おまけ携帯画像♪ 『真剣です!!』 ST280003.jpg おやつを見つめるジュニア君はいつも真剣です怜

| わんこ日記 | 16:24 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我家のBJ?

我家のジュニアが使っているクッションは 先月買って来たばかりなのに 3日もしないうちに内臓破裂聯状態になってしまったので 一昨日の晩緊急オペを行なうことになった。 ※オペ前の様子を撮影するのを忘れました。 オペは小1時間ほどかかり無事終了。 そのままクッションは現場へ復帰していったのである。 オペ終了後のクッションはこちら↓
CIMG2577.jpg
2箇所も皮膚移植。ツギハギ状態になってしまった殮 移植した皮膚は、旦那のジーパンを買った時にできた裾。 全く色の違う皮膚を移植されツギハギだらけの姿から 私が勝手にBJ(ブラックジャック)と呼んでるんだけどね。 現場復帰したBJクッションは 攻撃の手を緩めない我家の長男からの試練に堪え 2日ほど経った昨日も手術した箇所が裂ける事無く また新たな傷が増える事無く静かに堪えております。 試練に耐えてるBJクッションの姿をどうぞ
そのころ次男の太郎はというと・・・・
 

≫ Read More

| わんこ日記 | 17:39 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相変わらずな、僕です

ものすごく久しぶりにわんこの写真を撮ってみました。 が!聯長らくかばんの中にデジカメを入れっぱなしだったので、電池がほとんどなかった怜 唯一撮った写真がこれ殮 (私の、お行儀のいい足が映ってるけど・・・気になさらずに) CIMG2567.jpg 久々の写真撮影ではりきりすぎて耳がひっくり返ってますけど・・・。 CIMG2568.jpgCIMG2569.jpg

| わんこ日記 | 12:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太郎の初陣?

最近、わんこたちの写真を撮ってないので更新をサボってしまってました。<反省 太郎は、皆様もご存知の様に“屋久島犬” 屋久島犬は、鹿&いのしし専門の猟犬なのですが、我家ではただただ『可愛い♪可愛い♪』と言って愛玩犬として育ててきました。が!とうとう太郎の本質を目覚めさせることとなりそうな気配です(^_^;) なんと今日は太郎が生まれて初めて猟犬トレーニングとして、いのしし様とご対面をすることになりました。 昨年から我家のハンター(私の父)に目をつけられていたのですが、さすがに昨年のシーズンはまだ生後3~4ヶ月と幼かったため、実際に猟に連れて行くことはありませんでしたが、今年はなんだか危険な気配です。 本日の午後私達は仕事なので同席しませんが、父の猟仲間のところへ太郎を連れて行きオリの中に入っているいのしし様にご挨拶をさせられることとなりました。 ご挨拶の様子を見て反応を確認したいという事ですが・・・どうなることやら。 今まで太郎は人間以外の生き物で、自分より大きな生き物に対面したことがありません。 たぶん父が太郎に合わせようとしているいのしし様は、私の想像が正しければりっぱな大きさのいのしし様のはず!(イメージは、もののけ姫のおっこと主様) さてさてどんな反応を示すやら・・・ 仕事さえなければわたしもついて行って太郎の様子を観察したかったです。 そしてその後、鹿の被害がでて困っているという山林へ連れて行くらしく、初めての臭い、初めての山。 私が想像するには、太郎は鹿と遭遇さえしなければ父の側をあまりはなれずに移動すると思うのですが、ひとたび鹿と出会ってしまったら父の声も耳に届かないほど夢中になって追いかけてしまうのではないかと思います。 そうなると、父から離れすぎてしまって帰り道がわからなくなるのではないか?という心配です。 どうか迷子にならず無事帰ってきてくれることをただただ祈るばかりです。 首には、先月友人のポリさんから頂いたお守りが着いているのですが、そこに記入した太郎の名前と実家の電話番号はきっともう消えてしまっているのではないかと思われます。 (ジュニアのお守りの字が消えてるので) あ~こんなことなら昨夜書き直しておくんだった・・・(>_<) 太郎の初陣の結果は明日以降お伝えすることが出来ると思います。 今日の結果次第で、今回害獣駆除兼ねてのお出掛けだけど、再来週から本格的に始まる狩猟シーズンで出陣可能性が出てまいりました。 ただ、今回の初陣も太郎にとってのご主人様(旦那)が一緒じゃないのでどれだけ父のいう事を聞くか・・・これまた未知数なのです。

≫ Read More

| わんこ日記 | 13:04 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。