2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

ベタな高知観光-後半

お昼ごはんを食べここからは車に戻って移動。
私はおなかいっぱいになったので、zzz・・・車に乗ったとたんお昼寝しちゃってどんな道を通ってついたのか全くわからない寝ぼけ状態で到着!!

到着した先は『竜馬記念館』
なんだけど、全く写真撮ってませんでした・・・
記念館内は、竜馬さんのみならず幕末時代の、土佐勤王党の方々など幕末好きの方なら十分楽しめるかも!
ちなみに、ここには竜馬さんが使ってた拳銃(同等品???)の展示などもあります。

そんな記念館を跡し、ここまで来たら竜馬さんに会っていかねば!!
と竜馬さんのとこまで移動。

この記念館から徒歩で450mほどという看板を信じ徒歩で移動。

すこし歩いたところでいい眺めです。

桂浜

やっと到着!!



『坂本竜馬 像』

竜馬さん(逆光…)

残念ながら午後になると、お日さまが竜馬さんの後ろに回ってしまうので逆光に…
竜馬さんのお写真を撮りたい方は、午前中に会いに行くことをお奨めします。

桂浜


こちらもたくさんの方が来られてました。
この後もう1件言ってみようということになり、移動したんですがなんと!!
GW中にもかかわらず『休館日』
ありえねぇ~!!

ちなみにその場所は『自由民権記念館』だったのですが…
板垣退助さんが襲われた時の短刀や“自由万歳”と書かれた大徳利などを展示しているらしい。

ここでタイムUP!!
高知は横に長い県、私の住んでいる土佐清水市は高知市から2時間チョイかかるため途中の買い物などを考えそろそろ帰る方向へ。
(このとき午後4時を回ってました)

今回回れなかったその他の観光地にも、また機会があったらいって見たいと思います♪
スポンサーサイト

| わんこ日記 | 14:26 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベタな高知観光

このGW中、ベタな高知観光をしてみよう!!ってことになり、ジュニ太郎にお留守番をお願いして出かけた我が家&友人夫妻。

5月2日 AM8時 我が家を出発。

まずは、車を預けるため高知駅へ

JR高知駅

ここからは歩いて移動です♪

高知といえば路面電車!!

高知市といえばやっぱり路面電車ですよねぇ。
私は今までに、高知の路面電車、松山の路面電車、大阪の路面電車に乗る機会がありました。
他の市にもあったよねぇ~いつか乗ってみたいな。


『土佐の~高知の はりまや橋に
         坊さん かんざし
             買うを見た よさこい よさこい』

はりまや橋

はっきり言って…はりまや橋って『日本三大 がっかり名所』って言われてますよねぇ。
その他2箇所については・・・・・
旦那様も車の中から通過中にしか見たこと無かったので、今回始めてゆっくりはりまや橋を見ます。

はりまや橋での写真撮影を終え、さらに歩いて…


高知のアンテナショップ『てんこす』へ

高知アンテナショップ『てんこす』

しばしWC休憩

さて、気を取り直して、さらに歩きます。

そして、向かった先は!!


『高知城』


高知城



私自身、高知城に来たのは、小学校の修学旅行依頼初。(20うん年ぶりです)


お城の入り口で、少し前に一躍有名になったお方に出会いました。


『山内一豊 公』

山内一豊公


司馬遼太郎さんの原作『巧妙が辻』を大河ドラマとして放送してましたよね。

門をくぐるとそこには日本人ならほとんどみんな知ってるんじゃないかな?っていう方が出迎えてくれました。

『板垣退助』

板垣退助

少し前の、お札の顔ですよね!!

退助さんを後にし、石段を登り高知城の目の前まで来ると!


『山内一豊の妻 千代』

千代の像

千代さんは、夫一豊公のために、購入した名馬を率いて凛々しいお姿です。

このお3方の前を通って、目的地の高知城に到着です。

高知城

さて、いざ天守閣へ!!

お城の中は、以外に観光客が多くて写真を撮ってると“じゃま”かな?と思い、写真はありません。
いきなり天守閣へワープ!!!


天守閣からの眺め1

天守閣からの眺め2

黄砂のためチョットかすんでますが、高知城下の景色です。
ちなみに、うちの旦那様は極度の高所恐怖症のため、昇りきった階段付近で『石』になってました。
私は全然平気なんだけどね・・・
仕方なく、旦那様と一緒に天守閣から降りることに・・・
友人夫妻にはゆっくり堪能してってくださいと声をかけ。

結局私が天守閣を楽しめたのはほんの5分程度・・・

その後、昼食を食べ移動した先は・・・次回へつづく

| 寝言 | 21:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月